疑いたくない気持ち

女性は産めますが男性は自分の子供かどうかを疑ってしまうからこそ第三者的な証拠がほしいものです。

男性の不安

人妻がいま結構な割合で浮気や不倫をしていると言われております。ここ最近では男性が不審に思って子供と自分がDNAで一致するかどうかをちゃんと調べたいと思っている人が多いのですがその理由としてはやはり女性の不貞行為があげられますよね。

ただでさえ生活をしていくために子供を養うというのはとても大変なことですが、そのうえで託卵なんていうのはもってのほかですよね。自分の子供を育てたいと思うのは誰だってそうです。ほかの男の子供なんて言うのはまっぴら御免といったところでしょうか?

なぜこういったDNA検査が増えたのかというのはそれだけ女性に対する信頼というのがなくなってきたからではないでしょうか?女性は自分のお腹から出てきたのは間違いないでしょうから当然愛せますが、自分の子供じゃなかったら愛せないのが本心です。

何年間も一緒にいて愛情があるのであれば別ですが、生まれる前から分かっていたり、まだ日も浅いのであれば当然ながら愛情はまだ薄いですよね。

ちょっと昔だったら自分と結婚をしている女性が不貞を働くなんて言うなんて考えられなかったと思いますし、しかし、今となってみたら当たり前のように不倫が当たり前と言わんばかりに当たり前になってきましたね。そもそも女性はよりすぐれた人のの子供を産むという風にプログラムされているのですから、仕方がないのかもしれませんと言っても男性は納得できませんよね。

ですから今自分の嫁を信じれる材料の一つとしてDNA検査ではっきりさせたいというのがあるのでしょう。